メインイメージ画像

保育士の中でも院内保育の求人は特に人気があります

保育の仕事には色々な種類がありますが、院内保育は保育士のリクルートの中でも人気があります。院内保育士は病院内を仕事場にする保育士さんなのですが、病院内ということから、当然そこに入院している子供たちを相手にするようなお仕事と思うかもしれません。しかし院内の保育士さんなどは、入院している子どもの世話が目的ではありません。院内保育士さんは、病院で働く先生や看護師さんの子供さんの面倒を見るという仕事をします。そのために少人数の子供を預かる保育施設になっています。



近年では、企業にも保育士さんを雇って会社に勤めている職員の子供の面倒を見てくれるところが増加していますので、そういった形式と同じということになります。院内に保育施設が設置されていると、子供さんがもし急に発熱をしたり怪我をしてしまったりしても、すぐさまに連絡が取れるので安心です。そして院内でありますから、先生にもすぐ診てもらうことができます。院内保育のリクルートは増えています。

ですが、院内保育で働く際には、夜勤をする可能性があることを覚えておきましょう。

特に大きな総合病院等は、夜勤の看護師さんや先生がたくさんいらっしゃいます。救急病院等でもそうです。そうなるとその先生や看護師さんの子供さんを預かる保育施設もそれに適応した勤務時間になってきます。夜勤は難しいけれど院内保育の仕事がしたい場合は、小さめの病院を探すか、夜勤なしという条件で検索をしてみましょう。

院内保育に限らず、保育士の仕事全般でよく起こることですが、小さな子供さんはすぐに病気にかかったりします。

何の変哲も無い風邪から、インフルエンザやおたふく風邪、ノロウィルス等々感染症が流行する季節は、自分も健康に注意しなくてはいけません。うつってしまうことも考えられますし、逆に子供にうつしてしまう可能性もあるのです。健康面はきっちり管理する必要がある仕事です。そして、児童心理学の知識もしっかり持っている必要があるでしょう。子供と保護者の双方より信頼される良い保育士として働くためにも、自分にとって働きやすい職場の求人を探すといったことは大切なことではないでしょうか。

更新情報